CHECK

大切なゲストを招待して心に残るウェディング!結婚式の基礎知識を解説します

このサイトでは結婚式の基礎知識を解説しています。大切なゲストを招待して心に残るウェディングを実現するためにも、基礎的な知識から押さえておくのがお勧めです。雰囲気を盛り上げる挙式の演出についてもご紹介しています。素敵な演出を取り入れて、記憶に残る挙式にするとよいでしょう。一般的に規模や式に招待するゲストの人数によって、かかる料金は変わってくるものです。式場を決める際には、費用相場を知っておくと判断しやすくなります。

大切なゲストを招待して心に残るウェディング!結婚式の基礎知識を解説します

結婚式をするときには親族から友人・知人などの大切な人達を招待したいけれど、あまり出席したことがないので勝手が分からないという人は多いのではないでしょうか。
そのような場合には、まずウェディングの基礎知識から押さえておくのがお勧めです。
結婚式は大きく分けて挙式と披露宴があり、挙式は主に身内が集まり披露宴には友人や同僚などより多くのゲストを招待するのが一般的です。
結婚式は地域によっても違いがあるので、その地域の風習に合わせるのがおすすめです。

結婚式では挙式と披露宴をおこなう

結婚式には具体的にどのようなことをするのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
結婚式は一般的に挙式と披露宴があります。
挙式は結婚の誓いをするためのセレモニーです。
これをすることで、けじめをつけることが出来るというメリットがあります。
現代ではキリスト教の教会式や無宗教の人前式、神社でおこなう神前式などが人気です。
挙式は一般の教会や神社などで行うこともあれば、結婚式場やホテルに併設されている施設を利用して行うこともあります。
その後におこなう披露宴は、結婚したことを親族や友人・知人に知らせて相手をお披露目するための場です。
披露宴をすることで、それぞれの人に個別に結婚の挨拶に行かなくてよくなるというメリットがあります。
また披露宴をすることで親孝行をすることができたり、身近な人に祝ってもらえるのも魅力です。
新郎新婦が主役となることが出来る日で、良い思い出に残るイベントにすることが期待できます。

結婚式に活用されている会場の種類

結婚式に活用されている会場の種類は4つ、何かと便利で環境も抜群のホテルをはじめ、専門式場にゲストハウスにレストランです。
タイプはあるもののホテル人気は不動のもの、格式がありますし雰囲気も豪華で気持ちも高まります。
インテリアや外観も美しく、スタッフも教育をされたプロたちですから行き届いたサービスも魅力です。
海外の邸宅に招かれた雰囲気を演出できる、ゲストハウスはタイへの洒落、チャペルが屋外にあれば挙式後の飲食スペースの移動も楽にできます。
全てが整えられているのは専門式場、まさに結婚式が目的で用意されている施設です。
奥ゆかしい庭園があるところもありますし、神殿やチャペルに美容室など何から何まで揃っています。
美味しさでゲストをもてなしたい、新郎新婦共に食べるのが大好きなら、レストランウェディングがピッタリです。
最大級の強みは本格派飲食店だからこその、最強に美味しい食事を提供できること、おしゃれなインテリアも素敵でアットホームな雰囲気が漂います。

快適に挙式・披露宴ができる結婚式に向く季節

結婚式に人気の季節は、春と秋となっており、桜や紅葉をバックにして披露宴や写真を撮ることが人気となっているのです。
この時期は涼しくて着物や衣装が来やすく、ゲストも気候を気にせずに参列できることも特徴となっているのです。
この季節の良いところをプランに写真プランや演出プランが充実しており、披露宴や挙式を盛り上げることにもつながります。
ただし、この期間は料金が高いことが重要で割引等の恩恵を受けることがしにくい環境となっているため、費用面の比較を検討することがポイントとなります。
ここに向けては結婚式場もいろいろなサービスや演出をセールスポイントとしているため、ユニークな結婚式が実現することがあるため、結婚式場のプランを比較検討することもポイントとなるのです。
料理にも旬な食材が使われており、シーズン限定メニューもあるため、リストが喜びやすい環境を作り出すことも可能となっています。
高級な料理プラモ出されているために貴重な機会となるのです。

結婚式の日取りや会場選びにはゲストへの配慮が必要

結婚式に友人や知人などのゲストを招待したいと思っている人は多いのではないでしょうか。
もし結婚式に招待するならば、日取りや会場の選択の際には来てくれる人に負担にならないように配慮するのがおすすめです。
例えば、一般的に年末年始は何かと忙しいことが多い傾向があります。
12月は師走とも呼ばれる、慌ただしい季節ですし年明けすぐは新年の行事で忙しくなることも少なくありません。
また地域にもよりますが、真冬の寒い時期や真夏は気候の点からもあまり好まれないことが多いです。
それから一般的に春は転勤や転居が多いほか、入学や入社などで忙しいことが多いほか出費も増えがちな時期でもあります。
そのような時期の結婚式は、人によっては出席しづらいこともあります。
結婚式の会場は、交通アクセスが良い場所が喜ばれているようです。
式場が最寄り駅から離れたところにある場合には、長時間歩かずに済むよう、送迎車の手配をしておくようにします。

キリスト教の結婚式ですること

キリスト教式の結婚式は、日本人では信者が少ないにもかかわらず、そのロマンチックな雰囲気のために現在において非常に人気が高い挙式スタイルです。
式では聖書の中の文章を引用して、二人が神の前で永遠の愛を誓うものです。
その証として指輪の交換をし、誓いのキスをします。
そして、神の承認を得て二人の結婚が認められるのというものです。
キリスト教はカトリックとプロテスタントに分かれていますが、カトリックは新郎新婦のうちのどちらかが信者でないとできません。
よって、双方が信者でない場合は事前に結婚講座を受けなければなりません。
一方、プロテスタントはその限りではありませんので、双方が信者でなくても挙式を行うことが可能です。
よって、ホテルや結婚式場ではプロテスタントが一般的です。
プロテスタントでは牧師様(カトリックでは神父様)が式を執り行うことになります。
当日は事前に簡単なリハーサルがある場合が多いので心配はいりません。
式の一般的な流れとしては、入場、開会の辞、新郎入場、新婦入場、賛美歌、聖書の朗読、誓約書、指輪の交換、ベールアップ、ウエディングキス、結婚の宣言、証明書へのサイン、閉会の辞、退場という流れです。
きっと一生の思い出になることでしょう。

和風の結婚式は神前式や仏教式が多い

神に対して2人の結婚を報告すると言う日本古来の挙式スタイルが神前式で今でも根強い人気があり、厳粛な雰囲気を味わうことができるのでこの形で結婚式を行うカップルは多いです。
家と家との繋がりを重視する要素が儀式の中に取り込まれているので新郎新婦の親族にとっても忘れられない人なりますし、儀式の中で決められた所作や近いなどを協力して行うので夫婦となる絆を確認することができます。
仏様の前で結婚の誓いを立てるのが仏教式で聞いたことがない人も多いのですが、神前式と同様に日本古来から存在する挙式のスタイルで根強い人気がありこの方法で結婚式を挙げるカップルも沢山います。
所属している宗派に関係なく執り行うことのできる寺院も増えているので気軽に頼むことが可能ですし、参列者には数珠が必要となる点に大きな特徴があります。
和風の結婚式は神前式や仏教式が多くそれぞれの良さを活かして行われるので、この形で式を挙げることを希望している新郎新婦は大勢います。

無宗教で挙げる結婚式の特徴や内容

近年の結婚式の主流と言えばウェディングドレスやタキシードを着て、チャペルで行う欧米風のものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
教会施設で行うものは神父さんまたは牧師さんにより進められるものでこれらはキリスト教の儀式になります。
しかし現在の日本では明確に宗教を持つ人は少なくほとんどが無宗教の状態です。
そのような人の間で最近人気となっているのが「人前式」という形式の結婚式です。
これは場所や装いなどは洋風の式と変わりませんが、神父さんなどはおらず新郎新婦自らが参列者の前で近いの言葉を述べ夫婦となることを誓うのです。
自分たちで誓いの言葉も一から考えることによりそれぞれの夫婦の色が出て、式全体もアットホームな雰囲気を出すことができます。
日本の異文化を受け入れるという特色からドレスなど衣装は西洋風なものを楽しみ、大切な式の誓いの部分では人の前で誓うという形式の「人前式」、今後は日本の結婚式の主流となってくるかもしれません。

ホテルでの結婚式の魅力や嬉しいサービス

結婚式の中でも、ホテルでの結婚式は従来からある伝統的なものです。
総合的なメリットとしては全国的な知名度、格式の高さ、安心感などが挙げられます。
そして、次のような様々なメリットがあるからです。
まず、新郎新婦をはじめとし、参加者の宿泊に大変に便利です。
また、交通に至便なことも多く、遠方からの参加者にはもとても大きなメリットとなります。
また、ホテルならではの充実した質の高いサービスを受けることが出来ます。
例えば、ランドリー・サービス、ベル・サービス、各種レストラン、コンシェルジュなど様々な高水準のサービスは結婚式の安心感と充実感をもたらします。
結婚式の形態も神前、人前、キリスト教式など多様なニーズに応えられる施設も整っており、希望に適したスタイルで式を挙げることが可能です。
そして、少人数から大規模な人数への対応力、また、様々な食事内容や立食、着席スタイルなど幅広いニーズに応えるノウハウと施設があり、大変に魅力的です。
このようなメリットが選ばれる理由と言えるでしょう。

専門式場は結婚式に特化した設備が整っている

結婚式の専門会場は、式や披露宴をするためだけのところです。
結婚式に必要な設備や部屋が全て揃っていて、移動せずにそこで全部のイベントを済ませられるのが特徴的です。
ゲストの負担軽減にもなり、気軽に参加出来るのが専門式場のメリットになります。
会場に行ったらゆっくりと過ごせるゲスト専用の控室もあり、本番までの時間の待機場所になります。
招待客同士で話をしたり、挨拶出来ます。
おめかしした人たちで集まって写真撮影など、思い出づくりも可能です。
もちろん新郎新婦のための部屋もあり、そこで支度やお色直しをします。
メイク道具や衣装も揃っていて、何不自由なく過ごせるように配慮されています。
子供たちがいるのならキッズルームや授乳室もあり、親御さんたちも安心です。
他のカップルや招待客と鉢合わせしないようにスケジュールが調節されていることも多く、気まずい思いをしなくて良いのも専門式場ならではです。
自分たちの式に集中する環境が整っているのも、魅力の一つです。

カジュアルな結婚式に選ばれるレストラン

いまでは、いろんな年代層が挙式をするときに自由な施設を選択しておこなうようになりました。
以前は必ずメモリアルホールと会社を活用して演出をしており、あまり自由度がなかったものです。
昨今では結婚式を可能とするレストランの多く、貸切ってアットホームな空間でお祝いが出来るようになりました。
簡単にレストランで実施可能な結婚式を述べると、カジュアル感を演出して祝える点です。
アメリカやイギリス・イタリアでは古くからこの方式を採用しており、近しい親族と友人だけを招いてささやかない式典としてきました。
日本では会社関係者や近所の方なども招くため、コストも莫大になったわけです。
現代の若い方は現実主義で、世間体を気にしないスタイルを好んでいます。
飲食店ではおもにイタリアン・フレンチのほか、ビストロなどでもサービスで行っているため、事前に予約をすれば店内を開始切って結婚式を執り行える配慮を受けられえるようになりました。

貸し切りでプライベート感があるゲストハウスの結婚式

人生で一番、記憶と思い出に残ることというと、大半の方が結婚式をイメージされます。
赤の他人出会った二人が家族となり、そして子供が生まれてひとつのファミリーを構成するときです。
両家も親族となるので、結婚式は厳かな儀式といっても言い過ぎではありません。
通常は教会やメモリアルホールで結婚式と披露宴を実施しますが、内輪だけのアットホームな式を望まれる方が最近は増加傾向となりました。
どこかで良い施設がないかとお探しなら、ゲストハウスをおすすめしましょう。
簡単に魅力を解説すると、ゲストハウスではプラオベート感を大切にできるのがメリットといえます。
軽井沢などの別荘地にある一軒家となるため、招いた方以外はその空間に足を踏み入れることはできません。
以前は親族から会社関係者、ご近所の方を招くのがステータスでしたが、現代の若者は内輪の関係性だけを大切にされる傾向で、ペンションなどを候補地にされているのが特徴です。

結婚式での披露宴の流れや所要時間

結婚式の披露宴はある程度形にのっとって行われることが多いです。
場合によって多少の項目を追加したり削除したりすることは当然あり得ますが、あまりにも奇抜な形式は普通ありません。
まずは司会者が開宴の挨拶をした後、新郎新婦の紹介を行います。
その後、主賓挨拶、代表者の乾杯の音頭と続き、会食・歓談と続きます。
そしてお色直しのために新郎新婦がいったん中座し、再入場後に各テーブルを回って挨拶やキャンドル点火・写真撮影等を行います。
続いては余興が行われたりする場合もあるでしょう。
ラスト近くでは新郎新婦が挨拶を行い、司会者が閉宴の言葉を述べてお開きとなる形です。
司会者とか主賓、乾杯の音頭などは誰に頼むのか予め決めておく必要があるのは言うまでもありません。
結婚式の披露宴の所要時間ですが、途中に様々なイベントがあるために一般的な会食よりは時間を取ることが多く、短くても2時間、多くは3時間程度と思っておけばよいでしょう。

結婚式の仮予約の仕方とその後の流れ

結婚式では最初に仮予約という形をとることが普通です。
これは予約の一種ですし、その日時に別の人が勝手にスケジュールを入れたりすることはありませんが、そうは言っても仮のものですので注意が必要となります。
通常の申し込みなどと同じように、日時と人数を伝えて空きがあるかどうか、あれば押さえたい旨を伝えます。
当然ながら、予定される結婚式料金の相場とかキャンセルになった場合の処理、こちら側の氏名など連絡先も伝えておきましょう。
重要なことは、いつまでに本予約をするかどうかを決めないといけないのかを確認することです。
仮の予約は、基本的には料金などは一切発生しませんし、キャンセルしても違約金を求められることもありません。
しかし逆に、いつまでもその状態にしていては会場側は困ってしまうのは言うまでもなく、それほど長くない先に態度を決めることが求められます。
それがいつなのかを確認する必要があるわけで、その時点までにはキャンセルするか、それとも本予約するかを伝えなければなりません。

日柄を意識した結婚式の日取りの選び方

結婚式では日柄が意識されることも多く、特に六曜は重視されることが多いようです。
カレンダーにも普通に書かれているケースがありますし、大安とか仏滅などは誰でも聞いたことがあるでしょう。
結婚式においては、大安は最も好まれますが、友引もその名前のとおり友人もそれに引かれるということで好まれる傾向にあります。
一方で仏滅はやはり避けられる傾向にあることは間違いありません。
この他、先勝は午前中が吉、先負は午後が吉とされますので、それに応じた時間帯に式が実施できるのであれば問題ないとされることもあります。
もちろん、これらは単なる迷信であって21世紀の現代に何の関係もないと考える人も多いですし、逆に六曜のみならずもっと他の由来を気にする人もいたりします。
新郎新婦自身の考えだけではなく、家族や親族の中には気にする人がいる場合もあり、納得が得られないと将来に禍根を残すこともありますから、一応は話し合ってから決めるようにすると良いでしょう。

結婚式に関する情報サイト
結婚式の基礎知識

このサイトでは結婚式の基礎知識を解説しています。大切なゲストを招待して心に残るウェディングを実現するためにも、基礎的な知識から押さえておくのがお勧めです。雰囲気を盛り上げる挙式の演出についてもご紹介しています。素敵な演出を取り入れて、記憶に残る挙式にするとよいでしょう。一般的に規模や式に招待するゲストの人数によって、かかる料金は変わってくるものです。式場を決める際には、費用相場を知っておくと判断しやすくなります。

Search